占い師に占いをしてもらう際に、してはいけない行為がいくつかあります。それらの行為を紹介したいと思います。まず故意に占い師に隠し事をしてはいけません。例えばあなたが恋愛で悩んでいるとしましょう。

その恋愛が恋人のように話したけれど、実はその恋人には奥さんがいて不倫関係にある事は隠してしまったら?確かに不倫である事は言いずらい事ですよね。しかし恋人関係と不倫関係では、全く立場が異なります。不倫の事を隠されたままでは、占い師は適切なアドバイスをする事が出来ません。

占い師は不倫をしているからといって説教をしたり、不倫をしている事が周囲にバレる事はありません。本当に悩み、問題を解決したいと思っているのであれば、占い師を信用し、隠し事をせず全て話す事が賢明です。

また隠すだけでなく、故意に嘘をつく行為も絶対にしてはいけません。他にも占い師を試すような行為もしてはいけません。

嘘をついたり隠し事をしても、能力のある占い師なら、ちゃんと本質を見抜けるはずだ・・・・なんて考えるわけです。しかし嘘の情報を元に占ったところで、正しい答えに辿りつくわけがありません。ミスリードさせているのは、あなた自身です。

お金を払って、わざと当たらない占い結果を出させたところで、あなた自身に何がメリットがあるのでしょうか?やっぱり占いなんて信用出来ない、そう言いたいだけなら、あなた自身が占いをしなければいいだけですよね。あなたが占いを信じないのは、あなた自身の自由ですが、占いを信じている人を非難する権利はどこにもありません。

関連記事